2009年07月26日

お金の問題

 先週のに曜日に、家族会議で

東工大に行くお金は出せない

 ということになりました。


 成績が一気に伸びて、「もしかしたら本当に…」と思ったらしく、1人暮らしのお金、学費を計算してくれました。

 その結果、どうやら難しいと。

 東工大の近くの家賃は高く、東北の3万の部屋が安くても5万円以上。準備や4年で250万円。6年で400万円。

 卒業までに学費、教科書代などを入れて約250万円。院も行くだろうから、加えて150万円ほどは見ておいたほうがいい。

 そのた生活費を入れると総計4年間で800万円。6年で1100万円。

 残念だけど、家からはその半分も支援できそうにないと言われました。

 姉が東北の国立に1人暮らししていて、それだけでも大きな負担であることは、僕も十分かります。

 学費免除や奨学金も調べました。

 半分の免除なら受けられそうだと思ったのですが、事務に聞いたところ、かなり基準が厳しいとのこと。

 奨学金はさぼっていた2年間のせいで、無利子の奨学金を受けることは難しいかもしれません。

 有利子で10万円借りれればと思いましたが、それでも足りなくなるかもしれないし、返せる保証もない。卒業までに600万円も借金を作るのは恐ろしい。

 最初は、一浪して東大(世帯年収400万円以下は学費免除)を目指そうかと思いました。

 学校の先生、インターネットで受験生からの悩みを受け付けてくれている人と話し合った結果、東北大学を目指すことになりました。

 もし、東工大への想いが断ち切れないなら、お金をためて院で勝負することになりました。

 学校の先生と、そのアドバイザーの方には本当に助けられました。

 考えてみれば、東北大ですらまだ遠い。

 そして、去年からすれば遥かに伸びた。

 この調子で学力をつけて、結果東北大学に入学になっても、それはとても素晴しいことだと思えるようになりました。

 アドバイザーの方には精神論、大学の情報だけでなく、入試の戦略についてのアドバイスまでいただきました。

特に、「こういうと驚くかもしれませんが、この時期でよかった。傾向対策を始めてから志望変更になると、無駄が大きい。早めに調べ、決断してくれた親御さんに感謝してもいいと思います」という言葉には救われました。

 そうです。何よりも、親に感謝して、合格を勝ち取りたいと思います。
posted by サトル at 22:35| Comment(3) | 受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。